ブログ移転のお知らせ
0
    現在、実質3つあるJPアーチェリーのブログを、1つのサイトに統合することとしました。

    今後、こちらのブログは参照のため削除されることはありませんが、新規の投稿がされることはありません。

    新しい記事は下記のサイトに投稿され、JPアーチェリーグループの全情報が1つのサイトに集約されます。


    アーチャー・リサーチ | アーチェリー総合情報サイト
    http://archerreports.org/


    ブックマーク登録されている方はURLの変更をお願いします。

    JPアーチェリー 代表  山口
    | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | ログピに投稿する |

    【お知らせ】来週14日と16日の営業について
    0
      来週 10月14日月曜と16日水曜の大久保店の営業について、両日とも店舗は12時より通常オープンしていますが店長の山田が不在をする時間帯がございますのでお知らせいたします。

      10月14日(月) 17時で退勤いたします。
      10月16日(水) 19時で退勤いたします。

      ご利用を予定されるお客さまにはご不便をおかけ致しますが、どうか宜しくお願い致します。

      山田
      | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
      | - | ログピに投稿する |

      まだまだあるよ、PSE 2014
      0
          今回の「まだまだあるよ、PSE 2014」は、初心者・初級者の弓を紹介します。

        まずは「Fever(フィーバー)」
        エントリーモデルの代表格として長年親しまれてきたCAOS(カオス)がモデルチェンジとなり、
        あらたに「Fever」となって生まれ変わりました。



        *写真はPSEより提供されたもので、商品にはレスト、サイト、ボウクイバーは付属しません。
        *写真の色はMossy Oak Break-up Infinityです。


        2カムシステムに変更はありませんが、これまでのADカムからVSカムへと代わり、また、リムポケットのデザインが新しくなり、矢速のスピードアップに成功しました。
        また、これまでの引き尺調整幅が、16.5インチから28インチだったのに対しFeverは11.5インチから29インチまでとなり、むしろ範囲が広くなりました。嬉しい変更点ですね。
        ドローウエイトは、29/40/50/60の用意。老若男女、分け隔てなく楽しめる1台です。
        *ちなみにワンカムモデルもあります。

        次に、ゴリゴリの競技向けではありませんが、これからコンパウンドを始めようとする方にはピッタリの1台です。
        「Elation(イレーション)」

        まず、ドローウエイトですが、29ポンドと40ポンドの2種類。
        そして引き尺が、「〜30インチ」です。
        ここで、なぜ「〜30インチ」と言う表記なのか説明します。
        通常一般的なCPボウは、設計者が考えるFx曲線とその効果を発揮すべくドローストップが働く為に、引き尺が決まっています。
        ところが、このイレーションに搭載されるMZカムにはFx曲線やドローストップと言う概念が無く、引き始めから30インチまでドローウエイトが一定なのが特徴なんです。
        つまり、15インチ引いても29ポンド*、30インチ引いても29ポンド*と言う事です。
        *29ポンドリムの場合(リムボルトでウエイト調整が出来ます)
        ご存知の方にとっては、マシューズのジェネシスと同じような構造です、と言えば早いでしょうか。

        この構造の弓は射手にとって適正な引き尺とはなんぞや?と言う事を教えてくれます。
        案外、ベテランさんでもこの弓を使って引いてみると、実際の使用中の競技弓の設定引き尺と違ったりしたりします。
        一般的にコンパウンドを始めるにあたり、まずリカーブを経験しておく方が自分の適正な引き尺を知ることが出来、いきなりコンパウンドを始めるよりかは理解の進捗が早いと思います。
        そこで、この弓です。
        この弓は初心者にとって日々変わる引き尺に対して柔軟に対応し、やがて適正ドローレングスへと導いてくれます。
        そういう意味で、この弓はクラブやチーム・アーチェリー協会に1~2本ぐらいはあるべき弓としてドンドンお勧めしたいと思う1台です。
        (参考)この弓に用いるリリーサーですが、サムトリガー、インデックストリガー、トリガーレスでお使いになるのが良いでしょう。トゥルーバックテンションリリーサーではメカニズム的に反応しないのでお使いになれません。ご留意ください。

        PSEの2014年モデル紹介。あともうちょっとだけお付き合いくださいネ (^_-)-☆
        | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
        | - | ログピに投稿する |

        PSE 2014 Phenom SD(フェノム・ショートドロー)
        0
          先日発表が行われたPSEの2014年モデル。
          今日の紹介はPhenom SD(フェノム・ショートドロー)です。

          今年(2013年)新たに投入されたフェノムが25.5インチ〜30インチの引き尺でしたが、搭載されていたMini-EvoカムをMini-Driveカムへ変更することにより、同じアクセル間でありながら引き尺調整幅を短くすることが可能になりました。
          *23インチ〜28.5インチ
          反面、カタログ数値的にATA/IBOスピードが落ちています。
          フェノム:329/321⇒フェノムSD:316/308@28.5インチ
          また、ドローウエイトは・・・
          フェノムは40/50/60の用意。
          SDは29/40/50/60(60のみ黒と迷彩)の用意。
          (注:SDの29ポンドが本当に存在するのかどうかは現在確認中。もし本当だった場合はとても嬉しいラインナップです)
          確認できました。
          29ポンドの用意があるとの事です!(^∀^)ヒャッハー


          先日公開されたWEBカタログより。記載内容に一部誤植が有る可能性があります。

          さて、純粋なターゲットモデルとしてミドルクラスの代表格だったスープラMAX(2014モデルは特に変更点なし)が今年(2013)別物と言っていいほどにブラッシュアップされ、もはや「ミドルモデル」と言うよりは「ややハイモデル」(←こんな言葉あるのかなw)になってしまいました。
          そこへもって「いやいや、ちゃんとミドルモデルも用意したよ〜」と言わんばかりにフェノムが登場したのだと考えています。
          ただ、日本の市場から見ると、そのフェノムの25.5インチから始まる引き尺調整幅が若干引っ掛かっていました。
          が、そこへ来年度、SDモデル(ショートドロー)を投入・・・ですから、PSEもしたたかですよね〜。
          でもこれは、性能的にも価格的にも本当にありがたい純ターゲットモデルとして、初心者・初級者〜中級者、また、上級者でも十分に戦えるポテンシャルを秘めた1台としてチョーおすすめです。
          入荷をお楽しみに〜。


          *本文中の数値・スペックなどは発表時10月1日時点の情報です。予告なく改変・変更される場合があります。あらかじめご容赦ください。
          | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
          | - | ログピに投稿する |

          ご注文商品のお届について。
          0
             お知らせがございます。
            現在行われております2013・東京国体:アーチェリー大会に当社のブースを出店させて頂いております。
            ここに通販部担当者が出ております。
            このため、出荷が完全に止まるという事ではございませんが、普段より商品のお届けにお時間を頂戴せねばならない可能性があります。
            現在ご注文を頂いております皆さま、また、これからご注文いただける皆さま、ご迷惑をお掛け致しますがどうかご理解くださいますようお願い申し上げます。

            山田
            | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
            | - | ログピに投稿する |

            STAN(スタニスラウスキー)から新しいリリーサー「Just X」が到着。
            0
               STAN(Stanislawski Archery Products)から新型リリーサーが届きました。
              名前は「Just X」 
              3本掛と4本掛、MサイズとLサイズでの展開です。

              まずは手にした印象から。
              細い!
              先日発売されたスコットのエクサスに負けず劣らずの細身なデザインです。
              サムトリガーリリーサーながら、トリガーレスと見紛うほどのシルエットです。

              では4本タイプ・Lサイズと同じく4本タイプのMサイズで見ていきます。
               





              最薄部とありますが、反対に最も厚い部分で人差し指の掛かる部分で12.7mmあります。

              上の写真はTruBall HTリリーサーの4本-Mサイズを並べてみました。
              さらに下の写真はカーター ターゲット4です。

              同じサムトリガー式なのに、ボディーのゴツさが際立ちます。
              ちなみにターゲット4の厚みは14mm。Just Xの最厚部12.7mm。
              実際にそれぞれを手に持って比べてみるとその数値以上の差がJust Xには感じられます。

              さて、Just Xはその細身ボディーばかりに目が行きがちですが、実はリリーサーヘッドも短いデザインなのです。
              そこでリリーサーヘッド最短?!と呼び声の高いカーター・トゥーシンプルと並べてみます。

              イマイチ分かりずらいので、重ね合わせてみます。

              *分かり易くするためにわざとずらしていますが、人差し指と中指の“谷底”は揃えてあります。
              最短のトゥーシンプルよりは3mm高いですが、充分短い部類に入ります。
              ちなみにターゲット4と比べるとその差は歴然です。


              では、他社のリリーサーとの比較はこの辺で、各部分を見てみましょう。

              トリガーの先端にデベソのようなつまみが有りますが、これは・・・・

              取り外して・・・・


              リリーサーヘッドにブスッ。
              ・・・・フックを閉じたまま、このピンをヘッドに挿し込むと、物理的にフックの開放を抑えるため、擬似キャントファイヤーに早変わりとなるのです。
              素引き練習や、チューニングの際に何度も引き戻しを行う時など安全に作業が出来ます。

              トリガーバーの位置調整は矢印のネジで行います。必要があればバーを高い位置に変更しての調整も可能です。


              次に下の写真の矢印が指す極小プラスネジ。これは青いアゴ状のパーツを取り外して、ヘッドの形状をクロースジョーからオープンジョーに変更が出来ます。
              ただオープンジョーにすることで素早いローディングは出来ますが、ヘッドまでの距離が短いために、中指の外側が干渉してしまう恐れがあります。注意が必要です。
              また、わりとこのフックのアールがきつくない為に、ちょっとでもコネたりネジったりするとストリングが外れる危険があります。
              出来る限りクローズジョーでの使用をお勧めします。


              最後にトリガー圧とトラベルの調節です。

              まずはトリガー圧。
              てっぺんにあるイモネジを一番締めこんだところから4回転以内で(5回転でもギリ行けますが、イモネジ脱落の恐れがあります)調節、トリガーの硬さを決めます。


              そしてトリガートラベル。
              矢印のボディー背面のイモネジです。
              コッキングをONにしてからイモネジを締めこんでいきます。
              やがてトリガーが落ちるのでその箇所をきっちり見極めて、そこをゼロ位置として好みのトラベル位置まで緩めながら調整します。
              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
              全体的に、細身かつ小振りな印象を持つSTANのNewリリーサー「Just X」
              大人男性の手のサイズでMが本当にギリジャストサイズのフィット感です。
              かといって、Lサイズの方はカーターリリーサーでいう所のLサイズ程大きくはありません。
              すこしゆとりを持ってリリーサーを握りたいならLサイズの方が良いでしょう。
              指の配列はほんの少しだけ湾曲。かといってストレート形状でもない程よいカーブです。
              ただ一つ、私個人的に気になるのは、トリガーの「そもそも位置」です。
              サプライズショットをするにせよ、パンチングショットをするにせよ、サムバーに力が加わるべき方向と、トリガーパーツの移動方向になんとなーくズレが有るような気がして「おや?落ちない(硬い)?!」と思う場面が最初の方にありました。
              しかし、この感じ方は個人差が有るので、サムバーの高さや角度、トリガーの圧やトラベルを好みに調節すれば解消するかもしれません。
              個人的意見を挟みましたが全体を通して感じるのは、細身ボディーに短いリリーサーヘッドが、小気味良いテンポでシューティングを楽しませてくれるスマートなリリーサーとしてお薦めできます(^_-)。
              お近くの方はぜひお店に見に来てください!

              Just Xはあちぇ屋CPおよび店舗にて販売中です。
              | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
              | - | ログピに投稿する |

              PSE 2014年 Newモデル発表!
              0
                 2014年Newモデルが本日発表されましたね〜。
                いちばん目を引くのが、いよいよ370fpsの域まで到達した
                「Full Throttle(フルスロットル)」
                昨年モデルのOmen Maxをさらに突き詰めての登場です。
                今の所、世界最速弓であることに間違いは無いようです。

                【データ】
                アクセル間 33-1/4インチ
                ブレースハイト 5-1/4インチ
                引き尺 26.5〜30インチ
                重さ  4ポンド(1.8kg)
                レットオフ 70%
                ポンド  50/60/65/70

                その他の2014年PSE新作CPボウも順次お知らせしてまいりますね。
                お楽しみにヽ(^o^)丿
                | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
                | - | ログピに投稿する |

                第7回花園カップコンパウンドオープン大会
                0
                  大会から1週間が経ちましたが、JPアーチェリーは今年も熊本県で開催されました「第7回花園カップコンパウンドオープン大会」にブース出店&試合参加でお邪魔してきました。
                   
                  土曜日は抽選による組み合わせで決まったメンバーで団体戦が行われ、そして日曜はシングルラウンドが行われました。
                  30度を超える気温と日差しの中、全国から集まったコンパウンドの選手の皆さんが日頃の腕前を披露する楽しくもしのぎを削る戦いが繰り広げられました。

                  今年のチャンピオンは熊本県の野々下選手・右(大分県)、2位は佐藤選手・中(大分県)、3位は種部選手・左(シブヤアーチェリー)となりました。

                  また女子は、優勝、本多選手・中央(北海道)、2位は種部選手・中央より右(東京都)となりました。
                  皆さまおめでとうございました!

                  また、この大会は恒例となっている弊社とシブヤさんとで豪華景品が多数用意され、入賞者および特別賞として多くの選手の皆さんに振舞われました。

                  毎年この時期に行われますこのコンパウンドだけの大会に、全国から沢山の選手の皆さまの参加をぜひお待ちしております!。

                  *試合に参加した山田と坂本の成績については、あまり触れないでください・・・(汗)


                  | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  | - | ログピに投稿する |

                  SFアーチェリーからコンパウンド用サイトが登場
                  0
                    これまで1万円前後のお安いCP用ターゲットサイトは各メーカーでいくつか存在していましたが、“安かろう悪かろう”の感が否めませんでした。
                    そんな中、SFアーチェリーから安い価格帯のコンパウンド用サイトながら、ちゃんと「使える」製品が登場しました。
                    SFアーチェリー「ベロシティ・プロ」サイトです。

                    9インチのカーボンバーエクステンションに5インチのエレベーションとなっています。

                    サイトブロック部分です。


                    ブロックには、サイトを大きく動かすための「ジャンプボタン」が付いています。
                    *写真右上の真鍮のボタンです。
                    取り外し式のボックスは、サードアクシス調整が出来ます。


                    スコープの10/32インチロッドを通すバーの内側はネジは切っていません。
                    ロッドを通して反対側から付属のナットで締め付けます。

                    重さはマウント込みで318グラム。
                    剛性を出すためにこれぐらいの重さになったのでしょうね。
                    残念ながらこの重さはチョッとハンデかもしれませんね。
                    対抗馬となる「シュアロック・チャレンジャーサイト:550-9インチ」が300グラム。
                    そして「シブヤ・アルティマCPXサイト:520-9インチ」に至ってはなんと234グラムですからその差は84グラム、と言う事になります。



                    さて、使い勝手ですが、ここでは対抗馬となる「シュアロック・チャレンジャー」と見比べてみます。
                    重さの差は若干あるとしてもSFサイトの操作は至ってシンプルです。
                    エレベーションの移動もSFサイトはジャンプボタンで手軽にできます。
                    チャレンジャーはイチイチつまみを緩めて調整〜締め付けをせねばなりません。
                    これは大きなアドバンテージですね。


                    外観は、ガッチリ造りこんでいる為、受け止め方に個人差はありますが決してスマートな印象は受けません。サイトボックスが前方に張り出している為スコープの位置が若干遠くに感じます。
                    下の写真はシブヤサイトとの比較です。
                     
                    左:SFサイト、右:シブヤサイト
                    エレベーションからスコープロッドまでの距離は約2センチの差があります。

                    次につまみ部分です。

                    目盛となるステッカー自体は細かく刻んでいるように見えますが、実はワンクリックが結構広いです。ここはチャレンジャーサイトや他のサイトに比べると残念な部分かもしれません。

                    付属品です。
                    このSF・ベロシティー・プロはコンパウンド用サイトとして販売いたしますが、8/32インチのアタッチメントとサイトピンも付いてきます。なのでリカーブ用サイトとしても使えます。

                    ちなみに左の鍵穴みたいなパーツも付属します。
                    こちらは10/32インチのネジ穴が切ってあります。
                    通常使用するボックスとこのパーツで使い分ける事も可能です。
                    ただし、スコープ側の10/32インチロッドに負担がかかりそうな構造になるので、現実的な使用には耐えないかもしれません。

                    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                    これまで当社では、サイトに関しては2万円〜3万円台の上位モデルのサイトを中心に販売してきましたが、ここにきてやっと1万円台でおススメできる初級〜中級向けのサイトとして登場してくれたSFコンパウンド用サイト。
                    価格は 13,800円

                    来週から販売を開始いたします。
                    お楽しみに〜〜〜(^◇^)
                    | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    | - | ログピに投稿する |

                    【緊急告知】本日9月15日の営業時間について。
                    0
                      本日、台風18号の接近による影響で各地大雨や暴風に対する警戒発令が出ています。
                      これに伴い、本日の大久保店の営業を短縮営業とさせて頂く予定です。
                      12時オープン(通常通り)、夕方頃までをめどに営業を行います。
                      お越しいただくお客様におきましては台風情報に注意して気を付けてご来店くださいませ。

                      宜しくお願い致します。

                      | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | - | ログピに投稿する |




                      qrcode

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Profile
                      New Entries
                      Recent Comments
                      Archives
                      Link